【ドライオーガズム】最高に気持ち良いアナニー(アナルオナニー)のススメ


このブログを見ている変態の諸兄は、このように思ったことはないだろうか。

女性はローターやバイブ、ディルド、電マなど様々なおもちゃを使える上に、クリトリス、膣内、乳首など刺激できる場所が多く、それぞれ最高の快感を得られて羨ましい。

男は毎回ペニスを自分の手でしごくだけ、おもちゃなんてオナホ程度だし、イク瞬間以外さほど気持ちよくない。

俺は昔からこう考えていた。もっと気持ちよくなりたい。

女性を悦ばせるためのセックステクに磨きをかけると同時に、自分が最高に気持ちよくなるためのオナニーの方法を常に模索していた。

そしてたどり着いたのがアナニー(アナルオナニー)だった。

アナニー(アナルオナニー)とは何か?メリットは?

アナニーとは、男性にしか存在しない生殖器である”前立腺“や”精嚢“を刺激して快感を得るオナニーのことで、”アナル”からおもちゃなどを挿入して行う”オナニー”であることから”アナニー“と呼ばれている。

射精を伴う普通のオナニーでイくことをウェットオーガズムというが、アナニーは射精をせずにイくことからドライオーガズムと呼ばれる。

アナニーは男でも複数のおもちゃから自分の好みを選んで楽しむことができ、イクまでの過程も最高に気持ちよく、射精を伴わないので体力の続く限り快感を得続けることができる最高のオナニーだ。いわゆる”賢者モード”が来ないのだ。

射精より遥かに気持ちいい

感じる部分が射精とは違うので、射精の何倍という表現は難しいのだが、射精より遥かによい快感を得られる。

女性がセックスのときにあれだけ喘ぐ理由が理解できるようになるだろう。

流石に男がアナニーをしてアンアン喘ぐことはないが、声にならないうめき声のようなものは漏れる。

女性と同じように気持ち良い時間が長時間続き、イクときは最高の快感を得られることから、アナニーでイクことを「メスイキ」や「女イキ」と表現することもある。

何度でもイける。賢者モードが来ない

ペニスをしごいて射精してイくウェットオーガズムでは、射精後にプロラクチンと呼ばれる脳内物質が分泌され、興奮状態の精神を正常に戻す。

また、プロラクチンの濃度が上がると勃起反応が起こりにくくなる。

これがいわゆる賢者モードの正体だ。

オナニー前には「今日は2発抜いてやるぞー!」なんて意気込んでいても、1発射精してしまうとプロラクチンが分泌され興奮状態が冷めるので、もういいやと片付けてしまう。

ところが、アナニーで前立腺や精嚢を刺激してイっても射精を伴わないためプロラクチンが分泌されず、体力が続く限り何度でもイき続けることができるのだ。

アナニーのデメリット

準備と片付けが大変

アナニーは準備と片付けが大変だ。

準備としては、浣腸をして腸内を綺麗にしなければならない。

そして快感を十分楽しんだ後には、ローションまみれになったおもちゃを洗浄しなければならない。

しかしこれらは慣れればすぐにできるようになるし、何よりアナニーの準備をしているときの、これから最高の快感を楽しめるという期待感がたまらない。

費用がかかる

自分の指だけでアナニーをしているアナニストなどほぼ居ない。

最低でもアネロス・エネマグラは準備する必要がある。

徐々に快感が得られるようになってきたら、自分に会うおもちゃを探し求めて色々なアイテムに手を出すようになってくる。

例えばディルド1つでも、長さや太さ、固さが様々で、なかなか納得のいくディルドと巡り会えない。

アナニーには初期投資が必要だが、一度買ってしまえばいつでも最高の快感を得られるのだから、決して高い買い物ではない。

俺が愛用している、史上最強の快感を与えてくれるNEXUS REVO シリーズのように1万円以上する高級品もあるが、数千円の価格帯でも最高の快感を得られるグッズはたくさんある。

お勧めのアナニーグッズやアナニー方法は別の記事で詳しく紹介している↓

最高に気持ちいいアナニー(アナルオナニー)の方法3つを紹介する!
アナニー(アナルオナニー)の方法は、指や綿棒などで前立腺を刺激するソフトなものから、ディルドでズコズコと膀胱・前立腺・精嚢を刺激する...

最初は訓練が必要

残念ながら、誰でもいきなりアナルにエネマグラなどを挿入すれば前立腺や精嚢で感じられるわけではない。

初めてアナルにエネマグラを挿入した日からアナニーの虜になったという人ももちろんいるのだが、多くの人は少しずつアナルを開発していく必要がある。

なかなかドライオーガズムに達することができず諦めてしまう人もいる。

このブログを読んでアナニーを始めたいと思った諸兄は、もしドライに達せず悩むことがあったら、諦める前にこのブログのコメント欄で相談してほしい

俺のアナニー歴は10年以上だ。絶対に解決策を見つけ出して貴男をドライに導いてみせる!

共にアナニーの快感を楽しもうではないか

いかがだろう、少しはアナニーに興味をもって頂けただろうか。

アナニーで感じられるようになれば、もはやペニスをしごく普通のオナニーなど言ってしまえばインスタントオナニーだ。

準備も片付けも楽だが、快感はほどほどで後には賢者モードという虚無感だけが残る。

手軽に作れてまあまあ美味しいインスタントラーメンを食べた後に、「またインスタント食品で済ませてしまった…」「スープの残りは捨てるつもりだったのについ全部飲んでしまった…」と罪悪感が湧くのと同じだ。

より多くの諸兄がアナニーという新たな境地に目覚めてくれることを望む。

共にアナニーの最高の快楽を楽しもうではないか。

コメント

  1. 匿名 より:

    NEXUS REVOを使ってみても、ディルドを使ってみても、エネマグラを使ってみても、チクニーをしてみても一向にドライができません、どうしたら良いでしょう…

  2. 匿名 より:

    浣腸2リットルしてから1時間ぐらい辛抱してもよおしてきたら太いのをズボ
    最高に気持ち良いですよ