アイドルをオナネタを提供してくれる性の対象として見ていない男なんていない


俺は、自分はアイドルオタク(ドルヲタ)ではないと思っているが、アイドルにまったく興味がない人から見たらドルヲタなのかもしれない。

なぜなら、俺はAKB48Gや坂道Gの動向をチェックするために毎日まとめサイトやSNSを巡回している。

しかし、動向をチェックすると言っても、握手会のスケジュールやメンバーの出演番組をチェックしているわけではない。

オナネタ探しだ。写真集や雑誌グラビアの情報を探しているのだ。

俺にとってアイドルとは、オナネタを提供してくれる存在でしかない。必要以上に金をかける気にはならない。たった数秒の握手のためにCDを何枚も買うなんて愚の骨頂だ。


おフェラ会でもやってくれるというのなら、生田絵梨花や西野七瀬のおフェラ券を買って堪能したいところだが、握手会じゃ金を出す気にはならない。

生田絵梨花と西野七瀬と言えば、乃木坂46で特に人気のあるメンバーで、ふたりとも今年写真集を出した。

乃木坂46は結成からずっと水着グラビアすらやらない清純派路線を貫いてきたが、白石麻衣の写真集出版を皮切りに、人気メンバーが写真集を出す流れとなった。

この頃の乃木坂ヲタ共の言動が面白い。

乃木坂はルックスがいいんだからグラビアやれよ、もっと売れるぞ!」という意見がある中、多くのドルヲタは「俺たちは乃木坂ちゃんの水着なんて求めていない。写真集なんて出さなくていいし雑誌グラビアもやらなくていい。」などと発言していた。

ところが、いざ生田絵梨花の写真集が発売されると、2016年上半期のオリコン写真集部門で1位という凄まじい売れ行きであった。

ドルヲタは「いや、いくちゃんを応援したいから買っただけだし」などと、水着のページを開きペニスを勃起させながら言うが、写真集の発売を内心めちゃくちゃ喜んだはずだ。

そして、水着のページに開きグセができるほどオナネタとして利用しているだろう。

かくいう俺も、水着のページだけネット上で入手して利用させてもらっている。もう何度抜いたか覚えていない。

何が言いたいのかというと、ドルヲタ共はもう少し正直になったほうが良い、ということだ。

もっと水着や下着姿を観たいだろう?ドルヲタなんてネット弁慶だらけなんだから、ネット上だけでももっと脱げ、オナネタを提供しろと本音を出していけよ。

俺はそういう目線でアイドルを見ていないから。純粋に応援している。」なんて澄ました顔をしながら写真集が発売されたら狂喜乱舞するような下心を持つことを見透かされているから、ドルヲタは気持ち悪いと言われるのだ。

西野七瀬の握手券おフェラ券が同じ値段で販売されたとして、握手券を買うドルヲタが全体の何%いるだろうか。俺は間違いなくおフェラ券を握りしめて会場に並ぶ。

 

齋藤飛鳥のファースト写真集が来月発売されるが、またロリコンドルヲタのかっこうのオナネタとなるのであろう。

口では応援していると言っても、アイドルを性の対象として見ていない男など居ないのだ。

男はみな、好みの女の水着や下着姿、裸を見たい、セックスをしたいと思っているのだから。